SP世界最高点 完成度増したキム・ヨナの円熟味と安定感

公開日: 更新日:

「バンクーバー五輪金メダルで小さい頃からの夢は達成した。ソチ五輪は現役最後の試合、最善を尽くせれば満足です。リラックスして競争を楽しみたい」

 韓国のキム・ヨナ(23)は大会前、ソチ五輪の公式HPのインタビューでこう答えている。そしてキム・ヨナの中学時代の友人も、日本のテレビ局の取材にこう話していた。

「(ヨナは)1カ月でコンディションが良い日は1日あるかないかと話していました。体の状態が良い日は少なく、痛いところやつらいことが多い」

 足のケガもあった今季は出場試合も少なく、世界ランクも29位。ソチのSPではトップグループが入る4、5組ではなく、3組での17人目の演技となった。

 だが、気のないような本人の発言も友人の証言も、“三味線”ではなかったかと思えてくる。いざ演技が始まると、冒頭の3回転ルッツ、3回転トーループのコンビネーションジャンプをピタリと決めた。続く3回転フリップも見事に着氷。ジャンプ、スピン、ステップでほとんどノーミス。7つの演技構成すべてで基礎点を大きく上回り、得点は74.92。今季、SPでの世界最高得点を叩き出した。不安視されていた右足の不安もまったく感じさせなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る