SP世界最高点 完成度増したキム・ヨナの円熟味と安定感

公開日: 更新日:

「バンクーバー五輪金メダルで小さい頃からの夢は達成した。ソチ五輪は現役最後の試合、最善を尽くせれば満足です。リラックスして競争を楽しみたい」

 韓国のキム・ヨナ(23)は大会前、ソチ五輪の公式HPのインタビューでこう答えている。そしてキム・ヨナの中学時代の友人も、日本のテレビ局の取材にこう話していた。

「(ヨナは)1カ月でコンディションが良い日は1日あるかないかと話していました。体の状態が良い日は少なく、痛いところやつらいことが多い」

 足のケガもあった今季は出場試合も少なく、世界ランクも29位。ソチのSPではトップグループが入る4、5組ではなく、3組での17人目の演技となった。

 だが、気のないような本人の発言も友人の証言も、“三味線”ではなかったかと思えてくる。いざ演技が始まると、冒頭の3回転ルッツ、3回転トーループのコンビネーションジャンプをピタリと決めた。続く3回転フリップも見事に着氷。ジャンプ、スピン、ステップでほとんどノーミス。7つの演技構成すべてで基礎点を大きく上回り、得点は74.92。今季、SPでの世界最高得点を叩き出した。不安視されていた右足の不安もまったく感じさせなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る