リプニツカヤ人気の重圧はねのけた ソトニコワの会心演技

公開日: 更新日:

 演技を終えると対照的な表情を見せたのが2人のロシア勢だ。ユリア・リプニツカヤ(15)、アデリナ・ソトニコワ(17)の明暗がくっきりと分かれたのである。

 1月に行われた欧州選手権覇者のリプニツカヤは、団体金でロシア初の金メダルに貢献し一気に注目された。地元ファンから「ロシア」の大歓声を受けてSPに臨み、3回転ルッツとトーループのコンビネーションジャンプを決めて勢いに乗ると、その後も安定した滑りを披露した。

 最高評価のレベル4をマークするスピンも見せたが、トリプルフリップの着地に失敗して転倒。世界で1人しかできない高速のキャンドルスピンを決めながらもミスが響いて65.23点。団体のSPではトップ(72.90点)に立った15歳が5位と出遅れた。

 2歳下の同僚が落ち込む姿を尻目に、今季ロシア選手権優勝のソトニコワは圧巻の滑りを見せた。中盤の2アクセルで着氷をわずかに乱したものの、技術点は出場30選手の中でトップの39.09。自己ベストを4点近く更新する74.64点で2位と好スタートを切った。

 演技を終えたソトニコワの表情からは笑みが絶えなかった。電光掲示板に高得点が表示されると、手を振ってスタンドの大声援に応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る