リプニツカヤ人気の重圧はねのけた ソトニコワの会心演技

公開日:  更新日:

 演技を終えると対照的な表情を見せたのが2人のロシア勢だ。ユリア・リプニツカヤ(15)、アデリナ・ソトニコワ(17)の明暗がくっきりと分かれたのである。

 1月に行われた欧州選手権覇者のリプニツカヤは、団体金でロシア初の金メダルに貢献し一気に注目された。地元ファンから「ロシア」の大歓声を受けてSPに臨み、3回転ルッツとトーループのコンビネーションジャンプを決めて勢いに乗ると、その後も安定した滑りを披露した。

 最高評価のレベル4をマークするスピンも見せたが、トリプルフリップの着地に失敗して転倒。世界で1人しかできない高速のキャンドルスピンを決めながらもミスが響いて65.23点。団体のSPではトップ(72.90点)に立った15歳が5位と出遅れた。

 2歳下の同僚が落ち込む姿を尻目に、今季ロシア選手権優勝のソトニコワは圧巻の滑りを見せた。中盤の2アクセルで着氷をわずかに乱したものの、技術点は出場30選手の中でトップの39.09。自己ベストを4点近く更新する74.64点で2位と好スタートを切った。

 演技を終えたソトニコワの表情からは笑みが絶えなかった。電光掲示板に高得点が表示されると、手を振ってスタンドの大声援に応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る