真央のもう一人の敵 15歳リプニツカヤの「スパルタ特訓」

公開日:  更新日:

「団体戦で滑ったから個人戦は少しリラックスできるし、もっといい演技ができると思う」

 こう語るロシアのユリア・リプニツカヤは15歳とは思えない落ち着きを見せているが、素顔は恥ずかしがり屋で超内気な少女だ。

「片足を後ろに持ち上げて、背中とピタリ合わせる代名詞の『キャンドルスピン』は、2歳からスパルタ式に母親が行ったストレッチのたまものです。モスクワの学校で熱血コーチによる1日5時間の猛特訓に臨んだのも、リンクに立っていれば人と交わらずに済むという理由もありました。自宅にいるときは、ペットと戯れるくらい。毎日の練習後に口に入れる、ひとかけらのチョコが唯一の楽しみのようです」(現地記者)

 浅田真央が優勝した昨年のグランプリファイナルはで2位。「世界で一番強いのは真央」と脱帽していたが、ソチでSP、フリーの両方を滑った団体戦では、短期間で驚くほどの成長ぶりを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る