真央のもう一人の敵 15歳リプニツカヤの「スパルタ特訓」

公開日: 更新日:

「団体戦で滑ったから個人戦は少しリラックスできるし、もっといい演技ができると思う」

 こう語るロシアのユリア・リプニツカヤは15歳とは思えない落ち着きを見せているが、素顔は恥ずかしがり屋で超内気な少女だ。

「片足を後ろに持ち上げて、背中とピタリ合わせる代名詞の『キャンドルスピン』は、2歳からスパルタ式に母親が行ったストレッチのたまものです。モスクワの学校で熱血コーチによる1日5時間の猛特訓に臨んだのも、リンクに立っていれば人と交わらずに済むという理由もありました。自宅にいるときは、ペットと戯れるくらい。毎日の練習後に口に入れる、ひとかけらのチョコが唯一の楽しみのようです」(現地記者)

 浅田真央が優勝した昨年のグランプリファイナルはで2位。「世界で一番強いのは真央」と脱帽していたが、ソチでSP、フリーの両方を滑った団体戦では、短期間で驚くほどの成長ぶりを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る