• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAが失態 審判の手配忘れて韓国球団“大激怒”の顛末

「一体、どうなってるんだ!」
 韓国SKの関係者の怒号が響き渡ったのは、去る18日。宜野湾で行われたDeNA二軍との練習試合でのことだった。

 試合が始まろうというのに、待てど暮らせど審判が球場にやって来ない。この試合の場合、ファーム所属の審判か韓国球界の審判、どちらかがジャッジをするのだが、DeNAの手違いでどちらの審判にもオファーを出していなかったという。

 結局、審判の手配は試合開始には間に合わず、急きょマネジャーや査定担当が駆り出され、ジャッジするハメになった。

「こんなの、野球人生で初めてのことだ」と、SKの関係者が怒り心頭でこう言った。
「素人が審判をやるなんて、草野球じゃないんだ。当然、ジャッジはめちゃくちゃだった。初回、無死満塁のチャンスでウチの4番打者が完全なボール球をストライクと判定されて、怒っていたよ。こっちの調子がおかしくなるのはもちろんのこと、DeNAの投手だって人生がかかっている。ヘンな判定で感覚が狂ったら、どうやって責任を取るんだ。今後、二軍との練習試合については、こっちも考えないといけないね」

 いくら練習試合といえど、SKからすれば招待されてわざわざ遠征している。DeNAのチーム関係者も「こんなことをやっていたら、ウチと練習試合を組んでもらえなくなる」とア然ボー然。試合は、中畑監督が視察する中、DeNAが0―5で敗れた。当然の結末だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る