• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAが失態 審判の手配忘れて韓国球団“大激怒”の顛末

「一体、どうなってるんだ!」
 韓国SKの関係者の怒号が響き渡ったのは、去る18日。宜野湾で行われたDeNA二軍との練習試合でのことだった。

 試合が始まろうというのに、待てど暮らせど審判が球場にやって来ない。この試合の場合、ファーム所属の審判か韓国球界の審判、どちらかがジャッジをするのだが、DeNAの手違いでどちらの審判にもオファーを出していなかったという。

 結局、審判の手配は試合開始には間に合わず、急きょマネジャーや査定担当が駆り出され、ジャッジするハメになった。

「こんなの、野球人生で初めてのことだ」と、SKの関係者が怒り心頭でこう言った。
「素人が審判をやるなんて、草野球じゃないんだ。当然、ジャッジはめちゃくちゃだった。初回、無死満塁のチャンスでウチの4番打者が完全なボール球をストライクと判定されて、怒っていたよ。こっちの調子がおかしくなるのはもちろんのこと、DeNAの投手だって人生がかかっている。ヘンな判定で感覚が狂ったら、どうやって責任を取るんだ。今後、二軍との練習試合については、こっちも考えないといけないね」

 いくら練習試合といえど、SKからすれば招待されてわざわざ遠征している。DeNAのチーム関係者も「こんなことをやっていたら、ウチと練習試合を組んでもらえなくなる」とア然ボー然。試合は、中畑監督が視察する中、DeNAが0―5で敗れた。当然の結末だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る