DeNAが失態 審判の手配忘れて韓国球団“大激怒”の顛末

公開日: 更新日:

「一体、どうなってるんだ!」
 韓国SKの関係者の怒号が響き渡ったのは、去る18日。宜野湾で行われたDeNA二軍との練習試合でのことだった。

 試合が始まろうというのに、待てど暮らせど審判が球場にやって来ない。この試合の場合、ファーム所属の審判か韓国球界の審判、どちらかがジャッジをするのだが、DeNAの手違いでどちらの審判にもオファーを出していなかったという。

 結局、審判の手配は試合開始には間に合わず、急きょマネジャーや査定担当が駆り出され、ジャッジするハメになった。

「こんなの、野球人生で初めてのことだ」と、SKの関係者が怒り心頭でこう言った。
「素人が審判をやるなんて、草野球じゃないんだ。当然、ジャッジはめちゃくちゃだった。初回、無死満塁のチャンスでウチの4番打者が完全なボール球をストライクと判定されて、怒っていたよ。こっちの調子がおかしくなるのはもちろんのこと、DeNAの投手だって人生がかかっている。ヘンな判定で感覚が狂ったら、どうやって責任を取るんだ。今後、二軍との練習試合については、こっちも考えないといけないね」

 いくら練習試合といえど、SKからすれば招待されてわざわざ遠征している。DeNAのチーム関係者も「こんなことをやっていたら、ウチと練習試合を組んでもらえなくなる」とア然ボー然。試合は、中畑監督が視察する中、DeNAが0―5で敗れた。当然の結末だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る