練習観覧も有料に…世界選手権も真央で稼ぐ連盟の“商魂”

公開日: 更新日:

 いやはや、スゴイ商魂だ。26日から始まる「世界フィギュアスケート選手権」のチケットが飛ぶように売れている。このフィーバーに味を占めたのか、主催者サイドは試合直前の「公式練習」を観覧できるチケットまで売り出すのだ。

 公式練習は大会の数日前から当日朝まで試合で滑るリンクで行われる。ソチ五輪でも浅田真央がノーメークで何度も3回転半を調整していた、アレだ。

「過去に日本で行われた国際大会でも公式練習の観覧券は販売されたことはありますが、今回は会場のスケールが違う。フィギュアの試合としては異例の『さいたまスーパーアリーナ』で、観衆1万8000人規模は破格です。チケットは最終日のエキシビションを除く、4日間通し券(4万6000~7万円)から売り切れるなど、ほぼ完売状態。これだけで主催の国際スケート連盟は億単位の収入が見込めるはずですが、『もうひと稼ぎ』と公式練習までお金に換えるわけです」(フィギュア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る