日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さいたまSアリーナは異例…全日本“大箱”開催でスケート連盟荒稼ぎ

「日本だけの選手権としては異例ですよ」

 21日から開催される「第82回全日本フィギュアスケート選手権」について、アマチュアスポーツを担当するマスコミ関係者がこう言っている。

 今回の「全日本フィギュア選手権」は大会史上初めて、さいたまスーパーアリーナ(埼玉)で行われる。コンサートやテレビ番組の収録で使われる関東屈指の大会場で、「メーンアリーナ―センターステージ」の最大収容人数は約1万8000席。過去の大会会場と比較すると、一昨年のなみはやドーム(大阪=約6000席)の何と3倍だ。

「来年2月のソチ五輪など、4つの国際大会の最終選考会であると同時に、国内で見られる浅田真央と安藤美姫、鈴木明子らの最後の真剣勝負の場でもある。ソチ五輪で金メダルを狙う浅田は来年3月に同会場で行われる世界選手権では、すでに燃え尽きており、演技については期待できない。安藤もおそらく同選手権には出られないだろう。日本スケート連盟とすれば、この大会に多くのファンが集まると見込んで、会場設定したのでしょう」(前出のマスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事