日ハム大谷激白「難しいからこそ、二刀流はもっとやりたい」

公開日: 更新日:

 開幕ローテ入りは確実だろう。8日の阪神戦に先発して5回を2安打1失点、4奪三振。最速156キロの速球で阪神打線を牛耳り、高校時代からライバルだった藤浪にも投げ勝った。プロ1年目の昨年は野手として開幕一軍だったものの、今季は投手中心の起用が決まっている。本人に二刀流への思いを改めて聞いた。

■「どちらかに専念しろ」には「そうは思わない」

――今年は投手優先だが、二刀流はあきらめてない?

「そうですね。まだ全然やるつもりですし。まあ、でもそこは(栗山監督に)使ってもらう立場なので、使ってもらえるかは僕の技量次第。使いたいな、と思ってもらえるようなものを身に付けたいなと思います」

――二刀流を1年やって自信はついた?

「難しいなとは思いましたが、それを含めてもっともっとやりたいなと。(二刀流への)思いは強くなってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る