日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どんなに打とうが関係なし イチローの去就はライバル次第

 ヤンキース・イチロー(40)のトレード話が、相変わらず米メディアを賑わせている。

 昨年末からイチローの放出については、ヤンキースの地元ニューヨークメディアにたびたび報じられてきた通り。そして9日(日本時間10日)には米スポーツ専門局「ESPN」までもが、フィリーズに移籍する可能性を示唆した。

 現在、ヤンキースの外野陣はオフにレッドソックスから加入したエルズベリーを筆頭に、カージナルスから3年約45億円で加入したベルトラン、先月末に4年約52億円でチームと契約延長したガードナーで確定。ジラルディ監督もこの3人を今季レギュラーで起用していくと明言している。メジャーでの実績は十分ながら「控え扱い」のイチローに、トレード話が浮上するのは当然の流れだろう。

 しかし、チームの編成権を握るキャッシュマンGMの胸中はといえば、どうやら周囲の考えとは異なる。今すぐイチローをトレードに出す気はサラサラないというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事