• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君メジャー移籍交渉 本人よりもイチローがやきもき?

 田中のメジャー移籍とリンクしそうなのがイチロー(40=ヤンキース)の去就だ。
 日刊ゲンダイ本紙はイチローの放出情報をどこよりも早くキャッチ。オフの補強でヤンキースの外野手が飽和状態になること、田中を獲得した場合、イチローの存在がプラスにならないのではないかとフロントが危惧していることをその根拠に挙げた。イチローは若手の面倒見が良い方ではないし、田中が実績あるベテランに気を使って神経をすり減らすことになりかねないからだ。

 実際、強打の外野手を2人獲得して、イチローはいまや構想外。これで田中獲得ならフロントの不安は増幅、イチロー放出はいよいよ加速する。
 田中の交渉過程や移籍先に関して、イチローは本人以上に気をもんでいるかもしれない。

■「札付き球団」の悪巧み

 ニューヨークメディアの間で、ヤンキースの対抗馬として有力視されているのは、ライバルのレッドソックスでもドジャースでもマリナーズでもない。映画「マネーボール」で有名になった渋チン球団、総年俸が30球団中27位のアスレチックスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る