マー君メジャー移籍交渉 本人よりもイチローがやきもき?

公開日: 更新日:

 田中のメジャー移籍とリンクしそうなのがイチロー(40=ヤンキース)の去就だ。
 日刊ゲンダイ本紙はイチローの放出情報をどこよりも早くキャッチ。オフの補強でヤンキースの外野手が飽和状態になること、田中を獲得した場合、イチローの存在がプラスにならないのではないかとフロントが危惧していることをその根拠に挙げた。イチローは若手の面倒見が良い方ではないし、田中が実績あるベテランに気を使って神経をすり減らすことになりかねないからだ。

 実際、強打の外野手を2人獲得して、イチローはいまや構想外。これで田中獲得ならフロントの不安は増幅、イチロー放出はいよいよ加速する。
 田中の交渉過程や移籍先に関して、イチローは本人以上に気をもんでいるかもしれない。

■「札付き球団」の悪巧み

 ニューヨークメディアの間で、ヤンキースの対抗馬として有力視されているのは、ライバルのレッドソックスでもドジャースでもマリナーズでもない。映画「マネーボール」で有名になった渋チン球団、総年俸が30球団中27位のアスレチックスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  6. 6

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

  9. 9

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  10. 10

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る