マー君メジャー移籍交渉 本人よりもイチローがやきもき?

公開日:  更新日:

 田中のメジャー移籍とリンクしそうなのがイチロー(40=ヤンキース)の去就だ。
 日刊ゲンダイ本紙はイチローの放出情報をどこよりも早くキャッチ。オフの補強でヤンキースの外野手が飽和状態になること、田中を獲得した場合、イチローの存在がプラスにならないのではないかとフロントが危惧していることをその根拠に挙げた。イチローは若手の面倒見が良い方ではないし、田中が実績あるベテランに気を使って神経をすり減らすことになりかねないからだ。

 実際、強打の外野手を2人獲得して、イチローはいまや構想外。これで田中獲得ならフロントの不安は増幅、イチロー放出はいよいよ加速する。
 田中の交渉過程や移籍先に関して、イチローは本人以上に気をもんでいるかもしれない。

■「札付き球団」の悪巧み

 ニューヨークメディアの間で、ヤンキースの対抗馬として有力視されているのは、ライバルのレッドソックスでもドジャースでもマリナーズでもない。映画「マネーボール」で有名になった渋チン球団、総年俸が30球団中27位のアスレチックスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る