日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

放出確実も鬼気迫る自主トレ イチローが「50歳現役」に固執する理由

 2、3日前の話だ。イチロー(40)が神戸市内のグラウンドで自主トレを行う姿が、複数の関係者に目撃された。

 その中のひとりによれば、巷間、ウワサになっているトレード報道の影響などみじんも感じられない。鬼気迫る表情で打撃投手の投げる球を打ち返していたそうだ。

 自主トレの時間帯は日によってまちまち。グラウンドに来る曜日も決まってはいない。スケジュールが空いたときに、自分のペースで汗を流しているようだ。

 イチローは昨シーズン中、自分の意思でヤンキースに加入した。それまではオリックスとマリナーズ。地方球団でのプレー経験しかなかっただけに、米国ナンバーワンの老舗名門球団で、熱心なファンの声援をバックにプレーしたいという願望が少なからずあった。ピンストライプのユニホームについて「崇高なイメージ」と話したこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事