放出確実も鬼気迫る自主トレ イチローが「50歳現役」に固執する理由

公開日: 更新日:

 2、3日前の話だ。イチロー(40)が神戸市内のグラウンドで自主トレを行う姿が、複数の関係者に目撃された。

 その中のひとりによれば、巷間、ウワサになっているトレード報道の影響などみじんも感じられない。鬼気迫る表情で打撃投手の投げる球を打ち返していたそうだ。

 自主トレの時間帯は日によってまちまち。グラウンドに来る曜日も決まってはいない。スケジュールが空いたときに、自分のペースで汗を流しているようだ。

 イチローは昨シーズン中、自分の意思でヤンキースに加入した。それまではオリックスとマリナーズ。地方球団でのプレー経験しかなかっただけに、米国ナンバーワンの老舗名門球団で、熱心なファンの声援をバックにプレーしたいという願望が少なからずあった。ピンストライプのユニホームについて「崇高なイメージ」と話したこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

  10. 10

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

もっと見る