• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー棚ボタ? ヤ軍の“玉突き人事”で出番増の可能性

 今季はベンチウオーマーが確実だったベテラン外野手に少しは出場機会が巡ってきそうだ。

 他でもないヤンキース・イチロー(40)のこと。チームは今季、中堅のエルズベリー(前レッドソックス)、右翼のベルトラン(前カージナルス)の大物選手2人を獲得しており、外野手は飽和状態だ。イチローの起用法についてジラルディ監督は、「いつでも試合に出られるように準備しておいてくれと頼んだ」と本人には控えに回ると伝えたことを明かしている。

 左翼には主砲のソリアーノがいるだけに、イチローが入り込む余地はないが、ここにきて一縷(いちる)の望みが出てきた。そのソリアーノが右手首手術から復帰したベテラン内野手テシェーラと併用になるからだ。複数の米メディアが伝えたところによれば、ジラルディ監督はテシェーラの負担を軽減するため、今季は休養日を増やし、その際はソリアーノの一塁起用を検討しているという。

 ソリアーノが一塁に回れば、空いた左翼にはイチローが入る可能性がある。指揮官は昨季、主力に故障者が続出した際、1人2ポジションを守らせるなど、限られた戦力でやりくりしてきた。あくまでもテシェーラの状態次第とはいえ、イチローのスタメン出場の機会は増えるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る