イチロー棚ボタ? ヤ軍の“玉突き人事”で出番増の可能性

公開日:  更新日:

 今季はベンチウオーマーが確実だったベテラン外野手に少しは出場機会が巡ってきそうだ。

 他でもないヤンキース・イチロー(40)のこと。チームは今季、中堅のエルズベリー(前レッドソックス)、右翼のベルトラン(前カージナルス)の大物選手2人を獲得しており、外野手は飽和状態だ。イチローの起用法についてジラルディ監督は、「いつでも試合に出られるように準備しておいてくれと頼んだ」と本人には控えに回ると伝えたことを明かしている。

 左翼には主砲のソリアーノがいるだけに、イチローが入り込む余地はないが、ここにきて一縷(いちる)の望みが出てきた。そのソリアーノが右手首手術から復帰したベテラン内野手テシェーラと併用になるからだ。複数の米メディアが伝えたところによれば、ジラルディ監督はテシェーラの負担を軽減するため、今季は休養日を増やし、その際はソリアーノの一塁起用を検討しているという。

 ソリアーノが一塁に回れば、空いた左翼にはイチローが入る可能性がある。指揮官は昨季、主力に故障者が続出した際、1人2ポジションを守らせるなど、限られた戦力でやりくりしてきた。あくまでもテシェーラの状態次第とはいえ、イチローのスタメン出場の機会は増えるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る