• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー棚ボタ? ヤ軍の“玉突き人事”で出番増の可能性

 今季はベンチウオーマーが確実だったベテラン外野手に少しは出場機会が巡ってきそうだ。

 他でもないヤンキース・イチロー(40)のこと。チームは今季、中堅のエルズベリー(前レッドソックス)、右翼のベルトラン(前カージナルス)の大物選手2人を獲得しており、外野手は飽和状態だ。イチローの起用法についてジラルディ監督は、「いつでも試合に出られるように準備しておいてくれと頼んだ」と本人には控えに回ると伝えたことを明かしている。

 左翼には主砲のソリアーノがいるだけに、イチローが入り込む余地はないが、ここにきて一縷(いちる)の望みが出てきた。そのソリアーノが右手首手術から復帰したベテラン内野手テシェーラと併用になるからだ。複数の米メディアが伝えたところによれば、ジラルディ監督はテシェーラの負担を軽減するため、今季は休養日を増やし、その際はソリアーノの一塁起用を検討しているという。

 ソリアーノが一塁に回れば、空いた左翼にはイチローが入る可能性がある。指揮官は昨季、主力に故障者が続出した際、1人2ポジションを守らせるなど、限られた戦力でやりくりしてきた。あくまでもテシェーラの状態次第とはいえ、イチローのスタメン出場の機会は増えるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る