イチロー棚ボタ? ヤ軍の“玉突き人事”で出番増の可能性

公開日: 更新日:

 今季はベンチウオーマーが確実だったベテラン外野手に少しは出場機会が巡ってきそうだ。

 他でもないヤンキース・イチロー(40)のこと。チームは今季、中堅のエルズベリー(前レッドソックス)、右翼のベルトラン(前カージナルス)の大物選手2人を獲得しており、外野手は飽和状態だ。イチローの起用法についてジラルディ監督は、「いつでも試合に出られるように準備しておいてくれと頼んだ」と本人には控えに回ると伝えたことを明かしている。

 左翼には主砲のソリアーノがいるだけに、イチローが入り込む余地はないが、ここにきて一縷(いちる)の望みが出てきた。そのソリアーノが右手首手術から復帰したベテラン内野手テシェーラと併用になるからだ。複数の米メディアが伝えたところによれば、ジラルディ監督はテシェーラの負担を軽減するため、今季は休養日を増やし、その際はソリアーノの一塁起用を検討しているという。

 ソリアーノが一塁に回れば、空いた左翼にはイチローが入る可能性がある。指揮官は昨季、主力に故障者が続出した際、1人2ポジションを守らせるなど、限られた戦力でやりくりしてきた。あくまでもテシェーラの状態次第とはいえ、イチローのスタメン出場の機会は増えるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る