指揮官の狙いどおり…ロッテの“犬と猿”涌井・成瀬プルペン競演

公開日: 更新日:

 4日、西武からロッテにFA移籍した涌井秀章(27)が初のブルペン入り。捕手を座らせてカーブを交え52球を投げ、見守った伊東監督を「他の投手がいつもと違う、気持ちの入った球を投げていた。ブルペンがピリッとした」と喜ばせた。

 実際、開幕投手を争う左腕エースの成瀬が、涌井と同じ時間にブルペン入り。こちらは107球を投げて、「指先の投げている感じと、球の感じが合っていた。きょうは本当に良かったです」と納得の表情を見せ、これにも相乗効果を期待する指揮官はニンマリだった。

 成瀬と涌井は横浜高の先輩後輩。当時から関係は良くなく、プロ入り後、周囲は「犬と猿」になぞらえる。1歳下の後輩に対する対抗意識を隠そうとせず、「刺激になる」と表情を引き締める成瀬。対して、「感触とマウンドの傾斜を確かめるために投げただけ。全然、力は入れてない」とクールに受け流す涌井。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る