日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石井貴氏が語る “スタミナお化け”ロッテ涌井「復活のカギ」

 勝負の年になるのは間違いない。

 4日の楽天戦に先発したロッテ移籍1年目の涌井秀章(27)が、4回3安打1失点の好投。本人は「自分の中のイメージとフォームが違う」と首をひねったものの、それでも「結果自体は良かった」と話した。

 涌井は西武時代の07、09年はリーグ最多となる200イニング以上を投げ、持久走もチームトップという「スタミナお化け」。ところが、11年に9勝12敗と期待を裏切ると、12年はシーズン途中にリリーフに降格。昨季も抑えとしての出番がほとんどだった。

 それだけにスタミナが落ちたのか、2月23日の広島との練習試合では、わずか3イニングでバテバテ。「正直に言って、疲れた」と珍しく弱音を漏らしたほどだ。西武時代のここ数年は渡辺監督から「投げ込みが減った」と言われていた涌井。ロッテでは先発として再起できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事