疫病神はマー君…涌井のロッテ入団会見は宣伝効果数億円がパア

公開日:  更新日:

 25日に千葉・幕張で行われたロッテ・涌井秀章(27)の入団会見が、楽天と田中将大(25)の「メジャー移籍容認会談」とバッティングした。

 ロッテは今月中旬までに涌井と契約合意していた。入団会見がここまで遅れたのは、総額5億円近い費用をかけて獲得した涌井をメディアに大々的に取り上げてもらうためだった。そこで、他球団のイベントや大物選手の契約更改にかぶらないよう細心の注意を払い、「クリスマス当日」を選んだという。

 ところが、「マー君移籍問題」の決着が大幅に遅れ、くしくもこの日にズレ込んだ。これにより、25日のスポーツニュースや26日発行のスポーツ紙での涌井の入団会見の扱いは「小さく」なってしまった。

■マスコミに取り上げてもうらはずが…

「もし、マー君と楽天の会談さえなければ、他球団のイベントが少ないこの日のこと。涌井の入団がスポーツ紙の1面を飾るはずだった。それが、マー君のおかげで一変してしまったんですから。みんなショックですよ」とはロッテ関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る