疫病神はマー君…涌井のロッテ入団会見は宣伝効果数億円がパア

公開日: 更新日:

 25日に千葉・幕張で行われたロッテ・涌井秀章(27)の入団会見が、楽天と田中将大(25)の「メジャー移籍容認会談」とバッティングした。

 ロッテは今月中旬までに涌井と契約合意していた。入団会見がここまで遅れたのは、総額5億円近い費用をかけて獲得した涌井をメディアに大々的に取り上げてもらうためだった。そこで、他球団のイベントや大物選手の契約更改にかぶらないよう細心の注意を払い、「クリスマス当日」を選んだという。

 ところが、「マー君移籍問題」の決着が大幅に遅れ、くしくもこの日にズレ込んだ。これにより、25日のスポーツニュースや26日発行のスポーツ紙での涌井の入団会見の扱いは「小さく」なってしまった。

■マスコミに取り上げてもうらはずが…

「もし、マー君と楽天の会談さえなければ、他球団のイベントが少ないこの日のこと。涌井の入団がスポーツ紙の1面を飾るはずだった。それが、マー君のおかげで一変してしまったんですから。みんなショックですよ」とはロッテ関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る