日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

疫病神はマー君…涌井のロッテ入団会見は宣伝効果数億円がパア

 25日に千葉・幕張で行われたロッテ・涌井秀章(27)の入団会見が、楽天と田中将大(25)の「メジャー移籍容認会談」とバッティングした。

 ロッテは今月中旬までに涌井と契約合意していた。入団会見がここまで遅れたのは、総額5億円近い費用をかけて獲得した涌井をメディアに大々的に取り上げてもらうためだった。そこで、他球団のイベントや大物選手の契約更改にかぶらないよう細心の注意を払い、「クリスマス当日」を選んだという。

 ところが、「マー君移籍問題」の決着が大幅に遅れ、くしくもこの日にズレ込んだ。これにより、25日のスポーツニュースや26日発行のスポーツ紙での涌井の入団会見の扱いは「小さく」なってしまった。

■マスコミに取り上げてもうらはずが…

「もし、マー君と楽天の会談さえなければ、他球団のイベントが少ないこの日のこと。涌井の入団がスポーツ紙の1面を飾るはずだった。それが、マー君のおかげで一変してしまったんですから。みんなショックですよ」とはロッテ関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事