春は「投手力」が光る…プロのスカウトが◎つけた4投手

公開日:  更新日:

 21日に開幕する春のセンバツ甲子園。ズバぬけた実力を持った投手のいる高校が、あれよあれよと勝ち上がるケースは枚挙にいとまがないことから、「春は投手力」といわれる。

 今大会にプロ球団が注目するような投手はいるのか、いるとすれば誰か。在京球団のあるスカウトに、こっそりと“エンマ帳”を見せてもらった。

 二重丸の印がついていたのは全部で4人。

 左腕では佐野日大(栃木)の田嶋大樹(182センチ、76キロ)、広島新庄(広島)の山岡就也(173センチ、70キロ)。右腕では日本文理(新潟)の飯塚悟史(185センチ、76キロ)と明徳義塾(高知)の岸潤一郎(175センチ、75キロ)だ。

 田嶋は8日、常葉学園菊川(静岡)との練習試合で2回をピシャリ。6球団のスカウトが見守る中、速球は144キロをマークした。「今大会ナンバーワン投手」(在京球団のスカウト)ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る