日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

春は「投手力」が光る…プロのスカウトが◎つけた4投手

 21日に開幕する春のセンバツ甲子園。ズバぬけた実力を持った投手のいる高校が、あれよあれよと勝ち上がるケースは枚挙にいとまがないことから、「春は投手力」といわれる。

 今大会にプロ球団が注目するような投手はいるのか、いるとすれば誰か。在京球団のあるスカウトに、こっそりと“エンマ帳”を見せてもらった。

 二重丸の印がついていたのは全部で4人。

 左腕では佐野日大(栃木)の田嶋大樹(182センチ、76キロ)、広島新庄(広島)の山岡就也(173センチ、70キロ)。右腕では日本文理(新潟)の飯塚悟史(185センチ、76キロ)と明徳義塾(高知)の岸潤一郎(175センチ、75キロ)だ。

 田嶋は8日、常葉学園菊川(静岡)との練習試合で2回をピシャリ。6球団のスカウトが見守る中、速球は144キロをマークした。「今大会ナンバーワン投手」(在京球団のスカウト)ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事