史上初出場 “都立の星”小山台は甲子園の台風の目になる

公開日: 更新日:

 都立校が史上初のセンバツ出場の快挙だ。24日に選考委員会が行われ、21世紀枠で小山台(東京)が選出された。

 都内有数の進学校で文武両道を掲げる。菅直人元首相らを輩出した伝統校は当然、私学に比べれば練習環境に恵まれていない。学校の方針で午後5時には下校する決まりになっているため、3時20分から始まる練習はわずか1時間半。その上、狭いグラウンドに4クラブが重なり合うため、週1回は多摩川の河川敷に出て練習していた。

 そんな悪条件をモノともせず、昨秋の都大会では甲子園経験がある堀越、早実、日大豊山の強豪私学を次々と撃破。8強入りを果たした。

 都立の弱小進学校と侮るなかれ――。打線は2回戦の早実線で本塁打1本を含む13安打8得点。9―5で打ち勝てば、3回戦の日大豊山戦で今度はエースの伊藤優輔(2年)が完封勝利。この伊藤は140キロ前後の直球とキレのいいスライダーなどをコーナーに集める東京屈指の好投手なのだ。

 06年にエレベーター事故で部員を亡くした。悲しみも乗り越えた「最大の21世紀枠代表候補」が、都立の星として聖地で旋風を巻き起こす要素は揃っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る