史上初出場 “都立の星”小山台は甲子園の台風の目になる

公開日: 更新日:

 都立校が史上初のセンバツ出場の快挙だ。24日に選考委員会が行われ、21世紀枠で小山台(東京)が選出された。

 都内有数の進学校で文武両道を掲げる。菅直人元首相らを輩出した伝統校は当然、私学に比べれば練習環境に恵まれていない。学校の方針で午後5時には下校する決まりになっているため、3時20分から始まる練習はわずか1時間半。その上、狭いグラウンドに4クラブが重なり合うため、週1回は多摩川の河川敷に出て練習していた。

 そんな悪条件をモノともせず、昨秋の都大会では甲子園経験がある堀越、早実、日大豊山の強豪私学を次々と撃破。8強入りを果たした。

 都立の弱小進学校と侮るなかれ――。打線は2回戦の早実線で本塁打1本を含む13安打8得点。9―5で打ち勝てば、3回戦の日大豊山戦で今度はエースの伊藤優輔(2年)が完封勝利。この伊藤は140キロ前後の直球とキレのいいスライダーなどをコーナーに集める東京屈指の好投手なのだ。

 06年にエレベーター事故で部員を亡くした。悲しみも乗り越えた「最大の21世紀枠代表候補」が、都立の星として聖地で旋風を巻き起こす要素は揃っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  3. 3

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  4. 4

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  5. 5

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  6. 6

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  7. 7

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  8. 8

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  9. 9

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る