日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発ローテ入り濃厚も メッツ松坂の足を引っ張る“弱肩”正妻

 マイナー契約から這い上がり、先発ローテーション入りを目指すメッツ・松坂大輔(33)が18日(日本時間19日)のタイガース戦に登板。5回を7安打4失点、5三振、1四球だった。2年連続MVPで、主砲のカブレラのソロ本塁打など2発浴び、強力打線の餌食にされた。

 それでも松坂の先発ローテーション入りは濃厚だ。ここに来てメッツの先発陣は2番手左腕ニースがひじを故障。松坂と先発5番手を競っていた左腕のラナンはセットアッパーに回る見込みだ。先発の頭数が足りないこともあり、4番手で起用される見込み。

■マイナー時代には「投手泣かせ」の声

 今季、完全復活を目指している松坂だが、正妻に足を引っ張られかねない。今季、正捕手を務めるメジャー2年目のダーノーは強打が売り。ドジャース時代には野茂の女房役で、メッツでもプレーしたピアザ2世の呼び声高い。しかし、本家同様の弱肩。昨季30試合にマスクをかぶり、盗塁阻止率2割8厘はナ・リーグ37位だった。おまけにボールブロッキングにも難があり、マイナー時代には「投手泣かせ」の捕手として知られていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事