松坂もヒンシュクを買った…「先発完投型」のマー君はメジャーでは四面楚歌

公開日:  更新日:

 日本シリーズ第6戦で160球を投げながら、第7戦も救援登板した楽天・田中将大(25)。そんな田中の鉄腕ぶりや男気にメディアは絶賛の嵐だが、あれをメジャーで行った場合、チーム内で「四面楚歌」になる恐れがある。

 楽天の今季守護神で、ヤンキースで先発経験もあるラズナーが以前、こんな話をしていた。

「メジャーの先発投手というのは、完投すれば評価されるというわけではないんだ。先発が完投すれば、その分、救援陣の出番が減ることになる。先発はそのことを頭に入れて投げないといけない」

 メジャーでは日本以上に「先発、中継ぎ、抑え」という分業制が確立している。先発投手に100球前後の球数制限を設けているのは、シーズンを通して中4日のローテーションを守る疲労を考慮しているだけではない。登板数や投球回数に応じてインセンティブ(出来高)を得られる契約を結ぶ中継ぎ、抑え投手の出場機会を確保する意味合いもある。今季大活躍した上原(レッドソックス)は、「試合を締めくくった数が15試合に到達した時点で1250万円。以後は同条件で5試合ごとに同額が年俸に上積みされる」という契約を結び、その出来高をモチベーションに奮闘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る