松坂もヒンシュクを買った…「先発完投型」のマー君はメジャーでは四面楚歌

公開日:  更新日:

 日本シリーズ第6戦で160球を投げながら、第7戦も救援登板した楽天・田中将大(25)。そんな田中の鉄腕ぶりや男気にメディアは絶賛の嵐だが、あれをメジャーで行った場合、チーム内で「四面楚歌」になる恐れがある。

 楽天の今季守護神で、ヤンキースで先発経験もあるラズナーが以前、こんな話をしていた。

「メジャーの先発投手というのは、完投すれば評価されるというわけではないんだ。先発が完投すれば、その分、救援陣の出番が減ることになる。先発はそのことを頭に入れて投げないといけない」

 メジャーでは日本以上に「先発、中継ぎ、抑え」という分業制が確立している。先発投手に100球前後の球数制限を設けているのは、シーズンを通して中4日のローテーションを守る疲労を考慮しているだけではない。登板数や投球回数に応じてインセンティブ(出来高)を得られる契約を結ぶ中継ぎ、抑え投手の出場機会を確保する意味合いもある。今季大活躍した上原(レッドソックス)は、「試合を締めくくった数が15試合に到達した時点で1250万円。以後は同条件で5試合ごとに同額が年俸に上積みされる」という契約を結び、その出来高をモチベーションに奮闘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る