松坂もヒンシュクを買った…「先発完投型」のマー君はメジャーでは四面楚歌

公開日: 更新日:

 日本シリーズ第6戦で160球を投げながら、第7戦も救援登板した楽天田中将大(25)。そんな田中の鉄腕ぶりや男気にメディアは絶賛の嵐だが、あれをメジャーで行った場合、チーム内で「四面楚歌」になる恐れがある。

 楽天の今季守護神で、ヤンキースで先発経験もあるラズナーが以前、こんな話をしていた。

「メジャーの先発投手というのは、完投すれば評価されるというわけではないんだ。先発が完投すれば、その分、救援陣の出番が減ることになる。先発はそのことを頭に入れて投げないといけない」

 メジャーでは日本以上に「先発、中継ぎ、抑え」という分業制が確立している。先発投手に100球前後の球数制限を設けているのは、シーズンを通して中4日のローテーションを守る疲労を考慮しているだけではない。登板数や投球回数に応じてインセンティブ(出来高)を得られる契約を結ぶ中継ぎ、抑え投手の出場機会を確保する意味合いもある。今季大活躍した上原(レッドソックス)は、「試合を締めくくった数が15試合に到達した時点で1250万円。以後は同条件で5試合ごとに同額が年俸に上積みされる」という契約を結び、その出来高をモチベーションに奮闘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る