日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕初スタメン濃厚も 巨人・橋本到が抱える「課題」

 巨人の橋本到(23)が23日の最後のオープン戦に「9番・中堅」で先発出場し、3安打を放った。オープン戦を打率.342で終え、プロ6年目で初の開幕スタメンの座を手繰り寄せた。

 12日に2三振を食らって、原監督から「センターにだらしない人間が多すぎる」とカミナリを落とされたが、この日は一転、「橋本はいい」とお褒めの言葉。二軍監督時代に手塩にかけた川相ヘッドコーチもさぞ喜んでいるかと思ったら、こちらはなぜか、「いいアピールをしてはいるけど、安心できるものは一切ないね」と手厳しかった。

■あからさまな“慢心”

 先輩選手が「橋本の長所はまず肩が強いこと。球界トップクラスの鉄砲肩です。足もある。172センチと小柄な割に一発長打を放つ小力もある。持ってるセンスからすると、レギュラーに手をかけるのが遅すぎるくらい。一軍でのチャンスが少なかった原因は2つある」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事