• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「結婚は…」 ファンが気を揉む巨人・坂本の“意味深発言”

 確かに精彩を欠いてはいる。

 巨人の坂本勇人(25)が「1番・遊撃」で先発出場した21日のDeNA戦でも、全て内野ゴロの3タコ。六回からは井端と交代し、ベンチへ下げられた。

 最近4試合で13打席連続無安打。前日の練習で、「勇人が精彩を欠いている。本来なら勇人が1番、片岡が2番が理想型だけど現実もある。いい成績を残したこともあったが、それだけに頼って期待していいのか」とこれまでの実績も白紙にするような口調で不満を表した原監督は試合後、「坂本? みなさんでどうぞ評論して」と突き放した。スポーツ紙は、「坂本、下位に降格!」と書いた。

「原監督は、実力至上主義を前面に打ち出している。(片岡と井端)2人を補強したというのもある。今の勇人の状態では、打順降格どころかスタメン落ちの可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る