「結婚は…」 ファンが気を揉む巨人・坂本の“意味深発言”

公開日:  更新日:

 確かに精彩を欠いてはいる。

 巨人の坂本勇人(25)が「1番・遊撃」で先発出場した21日のDeNA戦でも、全て内野ゴロの3タコ。六回からは井端と交代し、ベンチへ下げられた。

 最近4試合で13打席連続無安打。前日の練習で、「勇人が精彩を欠いている。本来なら勇人が1番、片岡が2番が理想型だけど現実もある。いい成績を残したこともあったが、それだけに頼って期待していいのか」とこれまでの実績も白紙にするような口調で不満を表した原監督は試合後、「坂本? みなさんでどうぞ評論して」と突き放した。スポーツ紙は、「坂本、下位に降格!」と書いた。

「原監督は、実力至上主義を前面に打ち出している。(片岡と井端)2人を補強したというのもある。今の勇人の状態では、打順降格どころかスタメン落ちの可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る