身内からも限界説…キレがない巨人・杉内は“ただの人”

公開日: 更新日:

「彼の調子の良し悪しを判断するのは簡単です。真っすぐで空振り、ファウルを取れるときは、手も足も出ない。それが、前に飛ぶときはチャンスがある。昨季から、明らかに空振りとファウルが減ったでしょ。スピードじゃなくて、キレがないんです。調子の問題なのか、年齢からくる衰えなのか…。今年も苦労するんじゃないですかね」

 12日のロッテ戦。ネット裏の某球団スコアラーがそう語った直後、マウンド上の巨人・杉内俊哉(33)がいきなり、先頭打者の荻野に外角の真っすぐを左翼スタンドに運ばれた。

「ほら、ね?」

 ニンマリするスコアラーの前で杉内は、三回にも先頭の里崎に被弾。バックスクリーンに運ばれたこの1球もまた、外角の直球だった。

■原監督も持って回った言い回し

 結局、5回を投げて被安打6の4失点。代名詞の三振はわずかに1だった。試合後の原監督は、「決して褒められた内容ではないね。まあ、5イニング投げたということで、投げて反省点、修正点が出たということを理解するのであれば、良かったということになるでしょう」と持って回った言い方で報道陣をかわすのが精いっぱいだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る