チーム内外から小林待望論…巨人・阿部に近づく「捕手廃業」

公開日:  更新日:

 巨人の阿部慎之助(35)が19日の東京ドームでの全体練習で別メニュー調整した。13日に首痛を訴えて以来、痛みが引かず、18日の試合はベンチにも入らず帰宅していた。

 19日は東京ドームの人工芝が張り替えられて初ということもあり、入念に行った守備練習、打撃練習も参加せず。外野でキャッチボールをするなどの軽めの練習を終えた阿部は「(開幕まで)まだ何日かあるので、それが救いだと思ってやる。打撃? まだ分からない。良かったらやるし……」と歯切れが悪かった。原監督も「今日は練習させるより休ませる選択をした」と話すにとどめた。

 言わずもがなの大黒柱。もし開幕に間に合わないようなら緊急事態だ。ただ、「首痛といっても、去年痛めた背中から派生している可能性もある。2月に打球が当たった左ふくらはぎも万全ではない。こうなると、負担が大きい捕手で毎日出場するのは難しい。一塁で打撃に専念する試合が増えるかもしれない。開幕投手は菅野だし、新人の小林が開幕捕手でもいいでしょう。2人は同じ年で息も合っている。菅野も投げやすそうだし」と言う関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る