チーム内外から小林待望論…巨人・阿部に近づく「捕手廃業」

公開日: 更新日:

 巨人の阿部慎之助(35)が19日の東京ドームでの全体練習で別メニュー調整した。13日に首痛を訴えて以来、痛みが引かず、18日の試合はベンチにも入らず帰宅していた。

 19日は東京ドームの人工芝が張り替えられて初ということもあり、入念に行った守備練習、打撃練習も参加せず。外野でキャッチボールをするなどの軽めの練習を終えた阿部は「(開幕まで)まだ何日かあるので、それが救いだと思ってやる。打撃? まだ分からない。良かったらやるし……」と歯切れが悪かった。原監督も「今日は練習させるより休ませる選択をした」と話すにとどめた。

 言わずもがなの大黒柱。もし開幕に間に合わないようなら緊急事態だ。ただ、「首痛といっても、去年痛めた背中から派生している可能性もある。2月に打球が当たった左ふくらはぎも万全ではない。こうなると、負担が大きい捕手で毎日出場するのは難しい。一塁で打撃に専念する試合が増えるかもしれない。開幕投手は菅野だし、新人の小林が開幕捕手でもいいでしょう。2人は同じ年で息も合っている。菅野も投げやすそうだし」と言う関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る