4番村田も ダントツ優勝候補・巨人に故障者続出の緊急事態

公開日: 更新日:

 巨人にまた故障者だ。18日の西武戦。一回1死一、二塁で重盗を仕掛けられ、ベースカバーに入った村田修一(33)が走者の熊代に左手人さし指をスパイクされ、負傷交代した。

 村田は出血した指をテーピングでグルグル巻きにして病院へ直行。打率.400、オープン戦トップの3本塁打で、この日も4番だっただけに、「村田のケガはヤバイ」とチームに緊張が走った。

 ぶっちぎりの優勝候補でオープン戦も好調な巨人だが、今年はなぜかケガ人が続出している。

 キャンプイン早々、沢村、今村の先発ローテーション候補が肩痛で離脱したのを皮切りに、この日先発した大竹も「下半身の張り」で17日ぶりの登板。2回3分の1を無失点に抑えて開幕ローテは濃厚とはいえ、この時期に2イニングしか投げないのだから不安といえば不安だ。ほぼローテを決めている宮国はインフルエンザに感染し、合流したばかり。2月に肩を痛めた絶対的セットアッパーの山口も本調子には程遠い状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る