• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4番村田も ダントツ優勝候補・巨人に故障者続出の緊急事態

 巨人にまた故障者だ。18日の西武戦。一回1死一、二塁で重盗を仕掛けられ、ベースカバーに入った村田修一(33)が走者の熊代に左手人さし指をスパイクされ、負傷交代した。

 村田は出血した指をテーピングでグルグル巻きにして病院へ直行。打率.400、オープン戦トップの3本塁打で、この日も4番だっただけに、「村田のケガはヤバイ」とチームに緊張が走った。

 ぶっちぎりの優勝候補でオープン戦も好調な巨人だが、今年はなぜかケガ人が続出している。

 キャンプイン早々、沢村、今村の先発ローテーション候補が肩痛で離脱したのを皮切りに、この日先発した大竹も「下半身の張り」で17日ぶりの登板。2回3分の1を無失点に抑えて開幕ローテは濃厚とはいえ、この時期に2イニングしか投げないのだから不安といえば不安だ。ほぼローテを決めている宮国はインフルエンザに感染し、合流したばかり。2月に肩を痛めた絶対的セットアッパーの山口も本調子には程遠い状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る