日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松坂3連続三振 「KKK」ツイートが“人種差別”と騒然!?

 マイナー契約からメジャー昇格を目指すメッツ・松坂大輔(33)がオープン戦最終登板で結果を残した。

 24日(日本時間25日)のカージナルス戦に先発。6回3分の0を3安打1失点5奪三振、4四死球でオープン戦初勝利を挙げた。

 七回、先頭打者に死球をぶつけて降板。2番手投手が打ち込まれて松坂に失点がついたものの、一回は3者連続三振に仕留めるなど危なげない投球を披露した。

 前日にはローテーション入りを争う24歳の右腕メヒーアが好投。先発5番手はベテラン、若手の両右腕に絞られた。複数の地元メディアによればメッツは25日正午(日本時間26日午後1時)までに松坂の開幕メジャー25人入りを伝えることになっている。メジャー枠から外す場合は自由契約にするか、マイナー降格の場合は10万ドル(約1000万円)の支払い義務が発生する。招待選手の松坂とは異なり、メヒーアはメジャー昇格の前提となる40人枠。最終登板の結果次第では松坂の開幕ロースター入りは危うかったが、先発5番手入りをアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事