人種差別騒動は影響? メッツ松坂と渦中コーチの意外な関係

公開日:  更新日:

 調子を上げ始めた矢先に人種差別騒動に巻き込まれたのがメッツの松坂大輔(33)だ。
 ダン・ワーセン投手コーチが、松坂の通訳である日系米国人のジェフ・カトラー氏を中国系移民の蔑称である「チャイナマン」と呼びかけ、居合わせた米紙の記者たちが問題視。複数の米メディアがこぞって、「差別発言ではないのか」と騒ぎ立てた。ワーセン投手コーチは「冗談のつもりで悪気はなかった」と弁明。アルダーソンGMが謝罪の談話を発表する事態に発展した。

 今回、米メディアにやり玉に挙げられたこのワーセン投手コーチ、差別的な思考の持ち主ではなく、アジアや中南米出身の選手からの評判は決して悪くない。依然としてメジャーでは白人コーチが米国出身以外の選手を色メガネで見る傾向にあるものの、ワーセン投手コーチは公平なことで知られる。

 投手に対しては国籍はもちろん、ベテラン、若手とも同等に扱う。投手に問題があって打たれた場合などは、ベテランでも容赦なくベンチで叱責する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る