日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ローテ入り確実も追試…メッツ・コリンズ監督は松坂嫌い?

 開幕直前にハシゴを外されかねない。マイナー契約から開幕ロースター入りを目指すメッツ・松坂大輔(33)のことだ。

 ここまでオープン戦は5試合に登板し1勝1敗、防御率3.86。好投を続けているものの、若手右腕のメヒア(24)も調子を上げてきた。そこでコリンズ監督は2人を28、29日のブルージェイズ2連戦で投げさせ、その内容で合否を決めるという。

■29日に最終テスト

 コリンズ監督は松坂の何が気に入らないのか。
 指揮官が投手、特に先発に強く求めているのが球数の抑制とテンポの良さだ。現役時代には遊撃手だったコリンズ監督は投手のテンポが悪いと、攻撃にも悪影響を及ぼすというのが持論らしい。

 松坂は5試合、計18回3分の2で球数は139球。1イニングあたりに費やした球数は約8球。一方、メヒアは3試合、計9回3分の1で82球。1イニングでは約9球で、球数だけなら現時点では松坂に分がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事