ローテ入り確実も追試…メッツ・コリンズ監督は松坂嫌い?

公開日:  更新日:

 開幕直前にハシゴを外されかねない。マイナー契約から開幕ロースター入りを目指すメッツ・松坂大輔(33)のことだ。

 ここまでオープン戦は5試合に登板し1勝1敗、防御率3.86。好投を続けているものの、若手右腕のメヒア(24)も調子を上げてきた。そこでコリンズ監督は2人を28、29日のブルージェイズ2連戦で投げさせ、その内容で合否を決めるという。

■29日に最終テスト

 コリンズ監督は松坂の何が気に入らないのか。
 指揮官が投手、特に先発に強く求めているのが球数の抑制とテンポの良さだ。現役時代には遊撃手だったコリンズ監督は投手のテンポが悪いと、攻撃にも悪影響を及ぼすというのが持論らしい。

 松坂は5試合、計18回3分の2で球数は139球。1イニングあたりに費やした球数は約8球。一方、メヒアは3試合、計9回3分の1で82球。1イニングでは約9球で、球数だけなら現時点では松坂に分がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る