ローテ入り確実も追試…メッツ・コリンズ監督は松坂嫌い?

公開日:  更新日:

 開幕直前にハシゴを外されかねない。マイナー契約から開幕ロースター入りを目指すメッツ・松坂大輔(33)のことだ。

 ここまでオープン戦は5試合に登板し1勝1敗、防御率3.86。好投を続けているものの、若手右腕のメヒア(24)も調子を上げてきた。そこでコリンズ監督は2人を28、29日のブルージェイズ2連戦で投げさせ、その内容で合否を決めるという。

■29日に最終テスト

 コリンズ監督は松坂の何が気に入らないのか。
 指揮官が投手、特に先発に強く求めているのが球数の抑制とテンポの良さだ。現役時代には遊撃手だったコリンズ監督は投手のテンポが悪いと、攻撃にも悪影響を及ぼすというのが持論らしい。

 松坂は5試合、計18回3分の2で球数は139球。1イニングあたりに費やした球数は約8球。一方、メヒアは3試合、計9回3分の1で82球。1イニングでは約9球で、球数だけなら現時点では松坂に分がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る