開幕戦でいきなり本命候補 ドラ2西浦「ポスト宮本」の期待

公開日: 更新日:

 ヤクルトドラフト2位新人の西浦直亨(22=法大)が、「歴史的な一発」を放った。

 8番・遊撃のスタメンに抜擢されたDeNAとの開幕戦。初回1死一、三塁の場面で初球の直球を叩き、左翼中段へ放り込んだ。新人による開幕戦の初打席初球本塁打は史上初。9―1の大勝に貢献した西浦は、「体が勝手に反応した」と興奮が冷めやらなかった。

 奈良の天理高時代、県大会で21打数17安打で驚異の打率.810をマークしたものの、入団時の評価は「守備は一級、打撃は二級」。オープン戦でも打率.226と結果が出ず、この日の開幕戦起用も守備力の高さを買われてのことだった。

■遊撃候補の中で一番

 真中チーフ打撃コーチがこう言った。
「特にスローイングの正確さと肩の強さは遊撃候補の中でも一番。打撃はこれからなのは確かだけど、オープン戦でも積極的にバットを振れてはいたから、期待はしていたけど…。まず、守備にさらなる磨きをかけてポジションを取り、経験を積んでいくうちに打撃のレベルを上げる。(昨年限りで引退した)宮本慎也がまさにそうだった。彼のようになって欲しいと期待しているんです」

 ここ数年、浮かんでは消えた「ポスト宮本」。開幕戦でいきなり本命候補が現れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る