• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕戦でいきなり本命候補 ドラ2西浦「ポスト宮本」の期待

 ヤクルトのドラフト2位新人の西浦直亨(22=法大)が、「歴史的な一発」を放った。

 8番・遊撃のスタメンに抜擢されたDeNAとの開幕戦。初回1死一、三塁の場面で初球の直球を叩き、左翼中段へ放り込んだ。新人による開幕戦の初打席初球本塁打は史上初。9―1の大勝に貢献した西浦は、「体が勝手に反応した」と興奮が冷めやらなかった。

 奈良の天理高時代、県大会で21打数17安打で驚異の打率.810をマークしたものの、入団時の評価は「守備は一級、打撃は二級」。オープン戦でも打率.226と結果が出ず、この日の開幕戦起用も守備力の高さを買われてのことだった。

■遊撃候補の中で一番

 真中チーフ打撃コーチがこう言った。
「特にスローイングの正確さと肩の強さは遊撃候補の中でも一番。打撃はこれからなのは確かだけど、オープン戦でも積極的にバットを振れてはいたから、期待はしていたけど…。まず、守備にさらなる磨きをかけてポジションを取り、経験を積んでいくうちに打撃のレベルを上げる。(昨年限りで引退した)宮本慎也がまさにそうだった。彼のようになって欲しいと期待しているんです」

 ここ数年、浮かんでは消えた「ポスト宮本」。開幕戦でいきなり本命候補が現れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る