日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後釜は「田口」「掛布」「潮崎」…今年は監督8人のクビが飛ぶ

「開幕前の今から腰を浮かせているOBがウジャウジャいるよ」

 苦笑いを浮かべてそう言うのは、在京球団で打撃コーチを務め、今はCS放送と単発契約を結んでいる某野球解説者。「オレもそのひとり」と自虐的に続ける。

「複数年契約を結んでいる巨人・原、ロッテ・伊東、楽天・星野、中日・谷繁の4監督を除けば、あとはみな今季が契約最終年。つまり、8人の監督のクビが飛ぶ可能性がある。後釜を狙う連中はもちろん、首脳陣刷新でコーチのイスが回ってくるんじゃないか、とソワソワしてるんだ」

 実際、早くも後任候補の名前が囁かれる球団もある。例えば、森脇監督が2年契約の最終年となるオリックスでは、OBの田口壮氏が筆頭候補として浮上。和田監督の3年契約が切れる阪神は、関西マスコミの間で「次は掛布しかおらん。そのために、打撃コーディネーターとして球団に戻したんやから」ともっぱらだ。伊原監督が復帰したばかりの西武でも、「最初から1年契約の約束と聞いている。次は二軍監督の潮崎。伊原監督は『自分が1年でチーム立て直しの土台をつくって、来年はヘッドコーチとして潮崎監督を支える』と考えているらしいから、しっかりしてる」と周囲はかまびすしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事