大谷と中田が「新ON」とはキャッチコピーまで安値コピペ

公開日:  更新日:

 両リーグ同時開幕でテレビ観戦するのも忙しかった。全チームの対戦が地上波、BS、CSに並んでうれしい目移りだったのだ。中でもCSスポーツ専門チャンネルの番組表の宣伝キャッチでびっくりしたのが、札幌ドームでのファイターズ対バファローズ開幕戦。

「大谷、中田の新ONがリーグ制覇に向けて爆発するか?」
 なるほど3番大谷、4番中田の若い世代が看板を張るわけだから新ON。ぜひにも伝説の王・長嶋に迫って欲しいとは思うのだが、ON全盛期に育ったオヤジ世代は皆、一瞬の躊躇(ちゆうちよ)の後に「まあがんばってくれや」と斜めから2人を見てしまうのではないか。もう少しキャッチコピーに工夫はなかったんか?

 プロ野球の生きた伝説で若い選手を縛るのはチト可哀想だ。ホームラン世界記録の王貞治と首位打者6回の長嶋茂雄だぞ。ファンにとっては神様のようなお二方の看板名をそんなに安易に使うなよ、と言うかね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る