• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷と中田が「新ON」とはキャッチコピーまで安値コピペ

 両リーグ同時開幕でテレビ観戦するのも忙しかった。全チームの対戦が地上波、BS、CSに並んでうれしい目移りだったのだ。中でもCSスポーツ専門チャンネルの番組表の宣伝キャッチでびっくりしたのが、札幌ドームでのファイターズ対バファローズ開幕戦。

「大谷、中田の新ONがリーグ制覇に向けて爆発するか?」
 なるほど3番大谷、4番中田の若い世代が看板を張るわけだから新ON。ぜひにも伝説の王・長嶋に迫って欲しいとは思うのだが、ON全盛期に育ったオヤジ世代は皆、一瞬の躊躇(ちゆうちよ)の後に「まあがんばってくれや」と斜めから2人を見てしまうのではないか。もう少しキャッチコピーに工夫はなかったんか?

 プロ野球の生きた伝説で若い選手を縛るのはチト可哀想だ。ホームラン世界記録の王貞治と首位打者6回の長嶋茂雄だぞ。ファンにとっては神様のようなお二方の看板名をそんなに安易に使うなよ、と言うかね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る