大谷と中田が「新ON」とはキャッチコピーまで安値コピペ

公開日: 更新日:

 両リーグ同時開幕でテレビ観戦するのも忙しかった。全チームの対戦が地上波、BS、CSに並んでうれしい目移りだったのだ。中でもCSスポーツ専門チャンネルの番組表の宣伝キャッチでびっくりしたのが、札幌ドームでのファイターズ対バファローズ開幕戦。

「大谷、中田の新ONがリーグ制覇に向けて爆発するか?」
 なるほど3番大谷、4番中田の若い世代が看板を張るわけだから新ON。ぜひにも伝説の王・長嶋に迫って欲しいとは思うのだが、ON全盛期に育ったオヤジ世代は皆、一瞬の躊躇(ちゆうちよ)の後に「まあがんばってくれや」と斜めから2人を見てしまうのではないか。もう少しキャッチコピーに工夫はなかったんか?

 プロ野球の生きた伝説で若い選手を縛るのはチト可哀想だ。ホームラン世界記録の王貞治と首位打者6回の長嶋茂雄だぞ。ファンにとっては神様のようなお二方の看板名をそんなに安易に使うなよ、と言うかね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る