球数、制球、3球三振…ダル今季初勝利は“エコ投球”の成果

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が6日(日本時間7日)のレイズ戦に今季初先発。7回を7安打無失点、6奪三振、1四球で今季初勝利を挙げ、メジャー通算30勝目をマークした。一回にマイヤーズから、この日2個目の三振を奪って通算500三振に到達した。401回3分の2イニングでの500三振達成は01年7月にケリー・ウッド投手(当時カブス)が記録した404回3分の2イニングを上回り、メジャー最速記録を更新した。

 オープン戦期間中の3月20日に首の張りを訴えて開幕から故障者リスト(DL)入り。同16日のホワイトソックス戦を最後に実戦マウンドから遠ざかっていたが、この日のダルはまるで不安を感じさせない。序盤からテンポの良い投球でストライクを先行させた。五回以降は毎回、二塁打を許しながら、落ち着いて後続を打ち取ってレイズ打線につけ入る隙を与えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る