• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球数、制球、3球三振…ダル今季初勝利は“エコ投球”の成果

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が6日(日本時間7日)のレイズ戦に今季初先発。7回を7安打無失点、6奪三振、1四球で今季初勝利を挙げ、メジャー通算30勝目をマークした。一回にマイヤーズから、この日2個目の三振を奪って通算500三振に到達した。401回3分の2イニングでの500三振達成は01年7月にケリー・ウッド投手(当時カブス)が記録した404回3分の2イニングを上回り、メジャー最速記録を更新した。

 オープン戦期間中の3月20日に首の張りを訴えて開幕から故障者リスト(DL)入り。同16日のホワイトソックス戦を最後に実戦マウンドから遠ざかっていたが、この日のダルはまるで不安を感じさせない。序盤からテンポの良い投球でストライクを先行させた。五回以降は毎回、二塁打を許しながら、落ち着いて後続を打ち取ってレイズ打線につけ入る隙を与えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る