• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

決め手は「精神」 ヤンキースがダルより田中を評価した理由

 ワールドシリーズを制すること27回。メジャーで最も世界一に近いといわれるヤンキースは、選手を獲得する際の基準もシビアだ。

 球団独自のシステムによって数値化される能力はもちろん、その個性や人間性、性格などのメンタリティーも重要な要素を占めるという。

■GM補佐の調査

 とにかく重要なのはチームの勝利。投手も野手もチームの窮地を救ったり、勝利優先のプレーをしたりしながら、なおかつ数字を残すことが求められる。個人成績が優れているだけでは、決して評価されない。

「ヤンキースが田中将大(25)の獲得に本腰を入れたのは、日本人選手では松井秀喜以来です」とニューヨークメディアのひとりがこう続ける。

「田中は日本シリーズで160球投げた翌日、リリーフ登板した。チームの勝利、日本一のためならコンディションは二の次で投げる。ヤンキースが最も評価したのは、田中の精神面ですよ。勝利のために、ときには自分を捨てて泥まみれになれるか、そういう気持ちを持った選手か、キャッシュマンGMが懐刀のビリー・エプラーGM補佐を日本に2度も送り込んで調査させたのも、田中の精神面を詳しく調べるためでした。松井も個人記録よりチームの勝利優先でプレーするタイプだった。ヤンキースは泥くさいというか、勝利のために額に汗する選手を集める。それが好結果につながっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る