決め手は「精神」 ヤンキースがダルより田中を評価した理由

公開日: 更新日:

 ワールドシリーズを制すること27回。メジャーで最も世界一に近いといわれるヤンキースは、選手を獲得する際の基準もシビアだ。

 球団独自のシステムによって数値化される能力はもちろん、その個性や人間性、性格などのメンタリティーも重要な要素を占めるという。

■GM補佐の調査

 とにかく重要なのはチームの勝利。投手も野手もチームの窮地を救ったり、勝利優先のプレーをしたりしながら、なおかつ数字を残すことが求められる。個人成績が優れているだけでは、決して評価されない。

「ヤンキースが田中将大(25)の獲得に本腰を入れたのは、日本人選手では松井秀喜以来です」とニューヨークメディアのひとりがこう続ける。

「田中は日本シリーズで160球投げた翌日、リリーフ登板した。チームの勝利、日本一のためならコンディションは二の次で投げる。ヤンキースが最も評価したのは、田中の精神面ですよ。勝利のために、ときには自分を捨てて泥まみれになれるか、そういう気持ちを持った選手か、キャッシュマンGMが懐刀のビリー・エプラーGM補佐を日本に2度も送り込んで調査させたのも、田中の精神面を詳しく調べるためでした。松井も個人記録よりチームの勝利優先でプレーするタイプだった。ヤンキースは泥くさいというか、勝利のために額に汗する選手を集める。それが好結果につながっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る