決め手は「精神」 ヤンキースがダルより田中を評価した理由

公開日: 更新日:

 ワールドシリーズを制すること27回。メジャーで最も世界一に近いといわれるヤンキースは、選手を獲得する際の基準もシビアだ。

 球団独自のシステムによって数値化される能力はもちろん、その個性や人間性、性格などのメンタリティーも重要な要素を占めるという。

■GM補佐の調査

 とにかく重要なのはチームの勝利。投手も野手もチームの窮地を救ったり、勝利優先のプレーをしたりしながら、なおかつ数字を残すことが求められる。個人成績が優れているだけでは、決して評価されない。

「ヤンキースが田中将大(25)の獲得に本腰を入れたのは、日本人選手では松井秀喜以来です」とニューヨークメディアのひとりがこう続ける。

「田中は日本シリーズで160球投げた翌日、リリーフ登板した。チームの勝利、日本一のためならコンディションは二の次で投げる。ヤンキースが最も評価したのは、田中の精神面ですよ。勝利のために、ときには自分を捨てて泥まみれになれるか、そういう気持ちを持った選手か、キャッシュマンGMが懐刀のビリー・エプラーGM補佐を日本に2度も送り込んで調査させたのも、田中の精神面を詳しく調べるためでした。松井も個人記録よりチームの勝利優先でプレーするタイプだった。ヤンキースは泥くさいというか、勝利のために額に汗する選手を集める。それが好結果につながっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る