巨人だけが「G難度」を使えてハラ立たねえのか セ・リーグ他球団!

公開日: 更新日:

 体操の技の難度はAからGまであるらしい。前回の東京オリンピックはAからCまでしかない時代。新しい技を繰り出すのをウルトラCと呼んだ。

 今やオリンピックや世界選手権で優勝する選手になるとE難度は当たり前、内村航平や加藤凌平はF難度、G難度まで挑戦するようになった。

 公式の競技会で自分の考案した新しい技を申請して成功すれば、技に選手個人の名前が付く。トカチェフやコバチなどがそうだ。友人と2人で初めて入った飲み屋で、威勢のいい店員が「いらっしゃいませ伸身のコバチよろしく!」「よろこんで!」とお通しが出てきたなんてこともある(ウソだけど)。

 一方、いかに難度が高いオリジナル技だろうと申請した試合で失敗してしまったら、以後に誰が成功させようが選手の名前は付かず、「後方抱え込み3回宙返り2回ひねり下り」などと長ったらしい名前になるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

もっと見る