元6階級制覇のパッキャオ 「高額ファイトマネー」の行方

公開日:  更新日:

 金額を聞くとため息が出る。
 WBO世界ウエルター級タイトルマッチ(12日・米ネバダ州ラスベガス)が行われ、元6階級制覇のマニー・パッキャオ(35=フィリピン)が、王者のティモシー・ブラッドリー(30=米国)に3-0で判定勝ちした。

 12年6月にブラッドリーに判定負け。物議をかもした一戦となった。その半年後には、マルケスにパンチをくらって6回KO負け。引退説も囁かれたが、昨年のリオス戦に判定勝ちし雑音を払拭。今回の勝利で、「(他の仕事もあるので)簡単ではないですけど、勝利をもたらしてくれた神に感謝します。あと2、3年は続けていきたい」と言った。

 パッキャオの試合は高額ファイトマネーが話題になる。今回は最低保障2000万ドル(約20億円)とPPV(ペイ・パー・ビュー)ボーナスが別途つく。ブラッドリーも600万ドル(約6億円)が約束されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る