日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元6階級制覇のパッキャオ 「高額ファイトマネー」の行方

 金額を聞くとため息が出る。
 WBO世界ウエルター級タイトルマッチ(12日・米ネバダ州ラスベガス)が行われ、元6階級制覇のマニー・パッキャオ(35=フィリピン)が、王者のティモシー・ブラッドリー(30=米国)に3-0で判定勝ちした。

 12年6月にブラッドリーに判定負け。物議をかもした一戦となった。その半年後には、マルケスにパンチをくらって6回KO負け。引退説も囁かれたが、昨年のリオス戦に判定勝ちし雑音を払拭。今回の勝利で、「(他の仕事もあるので)簡単ではないですけど、勝利をもたらしてくれた神に感謝します。あと2、3年は続けていきたい」と言った。

 パッキャオの試合は高額ファイトマネーが話題になる。今回は最低保障2000万ドル(約20億円)とPPV(ペイ・パー・ビュー)ボーナスが別途つく。ブラッドリーも600万ドル(約6億円)が約束されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事