プロ2戦目はTKO勝ちも…村田諒太に頭抱えるフジテレビ

公開日:  更新日:

 6日のプロ2戦目で米国のピーターソン(27)に8回1分20秒でTKO勝ちした、ロンドン五輪男子ミドル級金メダルの村田諒太(27)。レフェリーが試合を止めた直後にペコリ、ペコリと四方に頭を垂れる姿にアマチュアの名残を感じさせたものの、試合ではプロボクサーとしての階段を着実に上がっていることを印象付けた。プロ転向で懸念されたスタミナ不足を、最終ラウンドの猛ラッシュで払拭。本人も「物凄く不細工な試合」と言いつつ、「8ラウンド戦えたのはプラス」と手応えを口にした。

■コーナーポストに「有馬記念」

「来年2月にマカオで次戦を行う予定の村田陣営は、プロ4戦目か5戦目で米国進出し、ラスベガスで世界ランカーと対戦する青写真を描いています。金メダリストの前には世界までの真っすぐなレールが敷かれているのは確かですが、その一方で頭を抱えているのがデビュー戦から村田の試合を中継するフジテレビです。この日の試合でも、リング四方のコーナーポストに入る『コーナースポンサー』が集まらず、4つのうち2つは競馬の『有馬記念』のレース告知だった。競馬中継をするフジテレビが関係の深いJRAに泣きついて“協力”してもらったともっぱら。スポットCMのスポンサー集めにも四苦八苦したと聞いています」(民放局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る