負けても王者…「疑惑の亀田」が日本ボクシングを滅ぼす

公開日: 更新日:

 その瞬間、会場の空気が凍りついた。
 3日に大阪で行われたボクシングのトリプル世界戦。亀田家の三男、WBO世界バンタム級王者の和毅(22)は大差の判定勝ちで初防衛に成功。次男のIBF世界スーパーフライ級王者・大毅(24)と前WBA同級王者のリボリオ・ソリス(31)の戦いも、判定に持ち込まれた。

 大毅は手数では圧倒的に負けていたにもかかわらず、なぜか勝利を確信。自らの陣営に肩車をされ、ガッツポーズを取りながらリング内をぐるぐる回っていた。ジャッジ2人はそれぞれ、大毅とソリスの判定勝ち。3人目のジャッジをリングアナウンサーが「116―112! 以上、2―1の判定で勝者……」と言った瞬間は会場も沸き、大毅は人さし指を天に突き出していた。

 ところが、リングアナが「青コーナー! リボリオ・ソリス!」と勝者の名を叫ぶや、会場は水を打ったように静まり返り、中継していたTBSのアナウンサーや解説者も絶句。IBFのタイトルを失った大毅も茫然自失だった。そんな微妙な空気の中、前日の計量オーバーでタイトルを剥奪されたソリスのハシャぐ声だけが会場に響いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る