負けても王者…「疑惑の亀田」が日本ボクシングを滅ぼす

公開日:  更新日:

 その瞬間、会場の空気が凍りついた。
 3日に大阪で行われたボクシングのトリプル世界戦。亀田家の三男、WBO世界バンタム級王者の和毅(22)は大差の判定勝ちで初防衛に成功。次男のIBF世界スーパーフライ級王者・大毅(24)と前WBA同級王者のリボリオ・ソリス(31)の戦いも、判定に持ち込まれた。

 大毅は手数では圧倒的に負けていたにもかかわらず、なぜか勝利を確信。自らの陣営に肩車をされ、ガッツポーズを取りながらリング内をぐるぐる回っていた。ジャッジ2人はそれぞれ、大毅とソリスの判定勝ち。3人目のジャッジをリングアナウンサーが「116―112! 以上、2―1の判定で勝者……」と言った瞬間は会場も沸き、大毅は人さし指を天に突き出していた。

 ところが、リングアナが「青コーナー! リボリオ・ソリス!」と勝者の名を叫ぶや、会場は水を打ったように静まり返り、中継していたTBSのアナウンサーや解説者も絶句。IBFのタイトルを失った大毅も茫然自失だった。そんな微妙な空気の中、前日の計量オーバーでタイトルを剥奪されたソリスのハシャぐ声だけが会場に響いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る