村田諒太から“主役”奪取 「最速王座」井上を支えたプライド

公開日: 更新日:

 6日にWBCライトフライ級のタイトルマッチに挑んだ井上尚弥(20=同級4位)は、神奈川の新磯高(現・相模原青陵高)時代に高校生としては初となるアマチュア7冠を達成。12年のアジア選手権決勝で敗れ、ロンドン五輪出場を逃すと、フジテレビから異例の6年契約という長期独占放映権を提示されて、プロ転向を果たした。

「フジテレビは同じく、ロンドン五輪ミドル級金メダルの村田諒太(28)も囲ったが、村田はあくまで怪物・井上の刺し身のツマという扱い。村田と井上はアマ時代からの兄弟分。井上を口説くために村田をセットで獲得したのですが、案に相違してメディアの露出は村田が圧倒的で、井上はそれに埋没してしまった感があった。やっぱり、金メダリストの肩書は大きかったわけですが、井上を売り出したいフジテレビにとっては痛しかゆし。この日の井上の世界初挑戦を祈るような思いで見ていたはずです」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  6. 6

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  7. 7

    三田寛子“梨園ゴッドマザー”襲名 芝翫の不倫にまた神対応

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    2000万回再生の復讐動画!浮気男の部屋にラメパウダーを…

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る