村田諒太から“主役”奪取 「最速王座」井上を支えたプライド

公開日:  更新日:

 6日にWBCライトフライ級のタイトルマッチに挑んだ井上尚弥(20=同級4位)は、神奈川の新磯高(現・相模原青陵高)時代に高校生としては初となるアマチュア7冠を達成。12年のアジア選手権決勝で敗れ、ロンドン五輪出場を逃すと、フジテレビから異例の6年契約という長期独占放映権を提示されて、プロ転向を果たした。

「フジテレビは同じく、ロンドン五輪ミドル級金メダルの村田諒太(28)も囲ったが、村田はあくまで怪物・井上の刺し身のツマという扱い。村田と井上はアマ時代からの兄弟分。井上を口説くために村田をセットで獲得したのですが、案に相違してメディアの露出は村田が圧倒的で、井上はそれに埋没してしまった感があった。やっぱり、金メダリストの肩書は大きかったわけですが、井上を売り出したいフジテレビにとっては痛しかゆし。この日の井上の世界初挑戦を祈るような思いで見ていたはずです」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る