被災者に30億円ポン フィリピンが熱狂した英雄パッキャオの復活劇

公開日:  更新日:

「英雄」の復活劇にフィリピン国民は歓喜の声をあげた。

 24日、ボクシングの元6階級制覇王者マニー・パッキャオ(34=フィリピン)は、元WBA世界ライト級王者ブランドン・リオス(27=米国)とWBOインターナショナル・ウエルター級王座をかけてマカオで激突。

 2連敗しているパッキャオはこの試合に負ければ「引退」も囁かれていたが、台風30号で甚大な被害を受けた母国フィリピンの国民を励まそうと奮起。軽快なステップで終始主導権を握り3―0の判定勝ちをおさめた。

 ちなみに「被災者に寄付する」と宣言していたファイトマネーは1800万ドル(約18億円)。PPV(ペイ・パー・ビュー=有料番組への課金)の売り上げがよければ3000万ドル(約30億円)にのぼる。パッキャオは母国でプロボクサーと国会議員の二足のわらじをはいている。こんなカッコいい「先生」は日本には絶対出てこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る