被災者に30億円ポン フィリピンが熱狂した英雄パッキャオの復活劇

公開日:  更新日:

「英雄」の復活劇にフィリピン国民は歓喜の声をあげた。

 24日、ボクシングの元6階級制覇王者マニー・パッキャオ(34=フィリピン)は、元WBA世界ライト級王者ブランドン・リオス(27=米国)とWBOインターナショナル・ウエルター級王座をかけてマカオで激突。

 2連敗しているパッキャオはこの試合に負ければ「引退」も囁かれていたが、台風30号で甚大な被害を受けた母国フィリピンの国民を励まそうと奮起。軽快なステップで終始主導権を握り3―0の判定勝ちをおさめた。

 ちなみに「被災者に寄付する」と宣言していたファイトマネーは1800万ドル(約18億円)。PPV(ペイ・パー・ビュー=有料番組への課金)の売り上げがよければ3000万ドル(約30億円)にのぼる。パッキャオは母国でプロボクサーと国会議員の二足のわらじをはいている。こんなカッコいい「先生」は日本には絶対出てこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る