ダルが故障不安吹き飛ばす32球、順調な回復ぶりアピール

公開日: 更新日:

 首の寝違えで開幕を故障者リスト(DL)で迎えるレンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が順調な回復をアピールした。

 レンジャーズは開幕カードのフィリーズ3連戦に備えて30日(日本時間31日)は本拠地「グローブ・ライフ・パーク」(テキサス州アーリントン)で調整。ダルはチームと別メニューで調整し、ブルペンで32球を投げ込んだ。前日にはキャッチボールを再開し、約30メートルの距離で投げるなど、連日の投げ込みで状態の良さをアピールした。

■最短で4・5復帰

 今後は4月1日にもブルペン入りして投球練習を行う予定だ。実戦復帰は最短で4月5日のレイズ戦にも可能だが、16日のホワイトソックス戦を最後に実戦マウンドから遠ざかっている。実戦感覚を取り戻すため、マイナー戦に数試合、調整登板する見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る