スタミナ強化の肉食から一転…ダルが菜食で狙う“体質改善”

公開日:  更新日:

 今季の開幕投手が決定しているレンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が10日(日本時間11日)のレッズ戦に登板。昨季はチーム総得点698(リーグ3位)のレッズ打線相手に5回を5安打2失点、1三振だった。

 三回までは直球主体の投球で早いカウントから打たせて1人の走者も許さなかったが、四回以降は甘く入った変化球を捉えられて連打を許した。

 昨季は最多奪三振(277個)のタイトルを獲得、サイ・ヤング賞投票では2位に入った。リーグ一、二を争う投手なのは証明されただけに、課題は体調面になる。

■昨シーズンの故障が教訓

 シーズン中盤に右僧帽筋を痛めて2年目にして初めて故障者リスト(DL)入り。監督推薦で選出されたオールスター出場を見送った。8月中旬からは腰の神経障害を発症し、9月は6試合に先発して1勝3敗(防御率3.34)と失速。今季は先発のハリソン、ホランドの両左腕が故障で開幕絶望とあって、ワシントン監督からは早々と開幕投手に指名された。メジャー3年目は名実ともにエースだけに、これまで以上に健康管理に気を配っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る