日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スタミナ強化の肉食から一転…ダルが菜食で狙う“体質改善”

 今季の開幕投手が決定しているレンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が10日(日本時間11日)のレッズ戦に登板。昨季はチーム総得点698(リーグ3位)のレッズ打線相手に5回を5安打2失点、1三振だった。

 三回までは直球主体の投球で早いカウントから打たせて1人の走者も許さなかったが、四回以降は甘く入った変化球を捉えられて連打を許した。

 昨季は最多奪三振(277個)のタイトルを獲得、サイ・ヤング賞投票では2位に入った。リーグ一、二を争う投手なのは証明されただけに、課題は体調面になる。

■昨シーズンの故障が教訓

 シーズン中盤に右僧帽筋を痛めて2年目にして初めて故障者リスト(DL)入り。監督推薦で選出されたオールスター出場を見送った。8月中旬からは腰の神経障害を発症し、9月は6試合に先発して1勝3敗(防御率3.34)と失速。今季は先発のハリソン、ホランドの両左腕が故障で開幕絶望とあって、ワシントン監督からは早々と開幕投手に指名された。メジャー3年目は名実ともにエースだけに、これまで以上に健康管理に気を配っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事