2日で4発 巨人・阿部も“飛ぶボール”で駆け込み量産態勢

公開日: 更新日:

 主砲が目覚めた。
 17日、巨人阿部慎之助(35)の2打席連続本塁打などでヤクルトに5-3で勝利。1本目は高めに抜けたフォークボールを仕留め、「ゾーンを上げて狙っていた」と、してやったり。2本目は高めのボール球の直球を叩き、「バットがきれいに出た」と自画自賛した。

 前夜も2アーチの阿部は、それまで0本塁打。打順は6番に下がるなど、カヤの外に置かれていた。橋上打撃コーチも「あとは慎之助」と心配していたが、2日で4発の固め打ちである。原監督が「らしさが出てきた」と言えば、阿部も「少しだけ捉えられるようになってきた」とエンジンがかかってきた。

■“飛ばない”時代に2冠

 先週、現在使用されている統一球が「飛び過ぎる違反球」だったことが判明。阿部は“またか”と思ったはずだ。WBCに2度出場。昨年、主将として日本代表を牽引した際、持論を展開したことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

もっと見る