• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2日で4発 巨人・阿部も“飛ぶボール”で駆け込み量産態勢

 主砲が目覚めた。
 17日、巨人が阿部慎之助(35)の2打席連続本塁打などでヤクルトに5-3で勝利。1本目は高めに抜けたフォークボールを仕留め、「ゾーンを上げて狙っていた」と、してやったり。2本目は高めのボール球の直球を叩き、「バットがきれいに出た」と自画自賛した。

 前夜も2アーチの阿部は、それまで0本塁打。打順は6番に下がるなど、カヤの外に置かれていた。橋上打撃コーチも「あとは慎之助」と心配していたが、2日で4発の固め打ちである。原監督が「らしさが出てきた」と言えば、阿部も「少しだけ捉えられるようになってきた」とエンジンがかかってきた。

■“飛ばない”時代に2冠

 先週、現在使用されている統一球が「飛び過ぎる違反球」だったことが判明。阿部は“またか”と思ったはずだ。WBCに2度出場。昨年、主将として日本代表を牽引した際、持論を展開したことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る