日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“一発病”抱える巨人・杉内 「飛び過ぎるボール」で被弾増?

 巨人の杉内俊哉(33)が一発に泣いた。

 敵地甲子園に乗り込んだ11日の阪神戦で、五回まで無安打無失点の完璧な投球。それが0-0の六回、マートンに右翼ポール際に3ランを叩き込まれ、ジ・エンド。杉内は“逆方向への当たりがあそこまで飛ぶのか”と言わんばかりに、のけぞって驚いたが、スコアボードには「3」が刻まれ、今季初黒星。「マートンに回したくなかった。あそこ(ゴメス)で切っておきたかった」とうなだれた。

 10日に今季の統一球が6球場中5球場で基準値をオーバーする「飛び過ぎる違反ボール」だったことが判明。球界に波紋が広がっている。

 NPBの調べでは東京ドームの「0.428」は基準外の球場の反発係数の中でも最も高い数値だった。実際、東京ドームの6試合ですでに16本塁打が乱れ飛んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事