「飛び過ぎボール」で実害…?巨人・菅野にアクシデント連発

公開日:  更新日:

 巨人の菅野智之(24)がまさかのアクシデントに襲われた。

 16日、ヤクルト戦の二回に相川の鋭い打球が右手を直撃。マウンド上で顔を歪め、そのままベンチに下がった開幕投手の姿にスタンドがざわめいた。

 ブルペンでは急ピッチで笠原が準備を始め、そのまま降板かと思われたが、治療を終えた菅野がグラウンドに姿を現し、今度はスタンドから大きな拍手が。が、これでは終わらなかった。

 続く今浪の打球がなんと再び右手を直撃。またまた顔を歪めることになったのだ。さすがに動揺した菅野は、投手の八木に逆転を許す2点適時二塁打。その後、降板する七回まで無失点に抑えたものの、終盤の乱打戦で開幕4連勝を逃した。

■ベンチの指示通りの打撃が…

 この日、ヤクルトの各打者には「制球がいい菅野には追い込まれたら勝負にならない。早いカウントから積極的に甘い球を狙っていくこと。特にスライダー系の球に的を絞り、センターから右に打つ意識を徹底しろ」との指示がベンチから出ていた。その通りの打撃が菅野を襲い、危うく大ケガにつながるところだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る