阿部がNYで急接近…高橋由も気を揉む松井の“後継指名”

公開日: 更新日:

 巨人高橋由伸(38)が13日、那覇市で中井や阪神の伊藤らと行っている自主トレを公開した。

 4月には39歳。巨人はこのオフ、外野手の新外国人を補強した。レギュラー争いは厳しいが、「開幕スタメン? 当然そこを目指す」と意気込んだ。

 昨季は4月に左ふくらはぎを肉離れし、長期離脱。この時、一度は引退を考えたというが、5月に松井秀喜(39)に後押しされて現役続行を決意した。2月のキャンプではその“恩人”が臨時コーチを務める予定。高橋由は「野球の話をした記憶がない。どういう話をするのか、横で聞いてみたい」と再会を心待ちにしている様子だった。

 松井の方もこれまでは1歳年下の高橋由を気に掛けてきた。しかし、昨年末に主将の阿部慎之助(34)が松井の暮らす米ニューヨークへ出向き、対談が実現したことで2人が急接近。松井は「わざわざ地球の裏側まで来てくれてうれしい。かわいい後輩だなと思う」と人懐っこい阿部にハートをわしづかみにされた。以後、「慎之助あっての巨人」や「慎之助は日本で一番いい打者」などと発言。急速に距離を縮めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

  10. 10

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

もっと見る