楽天は新補強で見切り? ユーキリスは再来日でも居場所なし

公開日: 更新日:

 4月下旬から左かかとを痛め戦線離脱中だった楽天・ユーキリス(35)が再検査と治療のため一時帰国することが6日、明らかになった。楽天によれば、本人の申し出があったため、球団側が了承。再来日の時期は未定だという。

 ユーキリスは昨年の楽天日本一に貢献したマギー(現マーリンズ)に代わる新助っ人として今春に来日。ジョーンズと共に主軸として期待されていた。ところが、キャンプ中から不振にあえぎ、シーズンが開幕しても不調のまま。たまりかねた首脳陣やジョーンズが連日のように打撃フォームの指導に当たるも、本人は「自分の打撃は自分が一番よく知っている」と、周囲の助言にほとんど耳を貸さなかった。「二軍に落ちる前の4月上旬からチーム内でも浮いていた」(楽天関係者)というから、一時帰国もうなずける。

 楽天はユーキリスに見切りをつけたのか、今月3日にメキシカンリーグでプレーしていた元巨人のボウカー(30)と契約。研究熱心で全力プレーが売りの左打者にチーム浮上を託している。

 仮にユーキリスが万全な状態で戻ってきたとしても、居場所はないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る