• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天・新助っ人ユーキリス夫人はサッチー顔負けの“口出し女房”

 トラブルメーカーは女房の方かもしれない。主砲のマギーがメジャーのブルワーズに移籍。代わって楽天に入団するのはケビン・ユーキリス(34)だ。

 メジャー通算150発の大砲は、レッドソックス時代の07年、松坂とともにワールドシリーズ優勝に貢献。スキンヘッドでヒゲモジャの内野手を覚えているファンもいるだろう。昨年は手術したA・ロッドに代わる三塁手としてヤンキース入りしたものの、自分も6月に腰を手術し、わずか28試合の出場で終わった。

■起用法にアレコレと…

 退団したマギーは昨季、全試合に出場し、打率.292、28本塁打、93打点と活躍。ユーキリスはパワーだけでなく、高い出塁率とメジャー屈指の選球眼の持ち主でもあり、アスレチックスのビリー・ビーンGMをモデルにした「マネー・ボール」の中でも絶賛された。マギーを上回る数字が期待されているのだが、懸念材料は彼の女房だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る