楽天・新助っ人ユーキリス夫人はサッチー顔負けの“口出し女房”

公開日:  更新日:

 トラブルメーカーは女房の方かもしれない。主砲のマギーがメジャーのブルワーズに移籍。代わって楽天に入団するのはケビン・ユーキリス(34)だ。

 メジャー通算150発の大砲は、レッドソックス時代の07年、松坂とともにワールドシリーズ優勝に貢献。スキンヘッドでヒゲモジャの内野手を覚えているファンもいるだろう。昨年は手術したA・ロッドに代わる三塁手としてヤンキース入りしたものの、自分も6月に腰を手術し、わずか28試合の出場で終わった。

■起用法にアレコレと…

 退団したマギーは昨季、全試合に出場し、打率.292、28本塁打、93打点と活躍。ユーキリスはパワーだけでなく、高い出塁率とメジャー屈指の選球眼の持ち主でもあり、アスレチックスのビリー・ビーンGMをモデルにした「マネー・ボール」の中でも絶賛された。マギーを上回る数字が期待されているのだが、懸念材料は彼の女房だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る