2軍落ち楽天・松井裕に「力みすぎ。冷静に」と恩師がエール

公開日:  更新日:

「もう1回、ピッチングのABCから勉強してもらう」
 星野監督にこう言われ、24日に二軍落ちした楽天の松井裕樹(18=桐光学園)。プロ4戦目の23日は5回で8四球。投球の体をなしていなかった。

 森山投手コーチは「二軍で何をやらせるか? さあ、どうするんだろうね」と苦笑いし、「心の問題もあるんじゃないか」と指摘。3戦目にバッテリーを組んだ捕手の小関は「監督の言うABCは、まずストライクゾーンにボールを入れることじゃないですか。投げ込みで直る? それはわかりませんが……とにかく下でやった方がいい」と話した。

 コーチも女房役からも半ばサジを投げられた松井。中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「周囲にあれこれアドバイスをされすぎて、頭の中がパニックになっているのでは」とこう言う。


「私は付き合いが長いからでしょうけど、松井はマウンドの表情を見れば状態がわかる。勝つ試合の時は、マウンド上で明るい笑顔を見せていた。今は顔がひきつっているでしょう。あまり緊張しない子なんですけどね……。23日などはとても投げられるような状態ではなかったと思う。長所である、打者に向かっていく姿勢もなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る