2軍落ち楽天・松井裕に「力みすぎ。冷静に」と恩師がエール

公開日: 更新日:

「もう1回、ピッチングのABCから勉強してもらう」
 星野監督にこう言われ、24日に二軍落ちした楽天の松井裕樹(18=桐光学園)。プロ4戦目の23日は5回で8四球。投球の体をなしていなかった。

 森山投手コーチは「二軍で何をやらせるか? さあ、どうするんだろうね」と苦笑いし、「心の問題もあるんじゃないか」と指摘。3戦目にバッテリーを組んだ捕手の小関は「監督の言うABCは、まずストライクゾーンにボールを入れることじゃないですか。投げ込みで直る? それはわかりませんが……とにかく下でやった方がいい」と話した。

 コーチも女房役からも半ばサジを投げられた松井。中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督は「周囲にあれこれアドバイスをされすぎて、頭の中がパニックになっているのでは」とこう言う。


「私は付き合いが長いからでしょうけど、松井はマウンドの表情を見れば状態がわかる。勝つ試合の時は、マウンド上で明るい笑顔を見せていた。今は顔がひきつっているでしょう。あまり緊張しない子なんですけどね……。23日などはとても投げられるような状態ではなかったと思う。長所である、打者に向かっていく姿勢もなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る