ジョーンズもお手上げ “鳴り物新人”楽天ユーキリスの癇癪

公開日: 更新日:

 鳴り物入りで楽天に新加入したユーキリス(35=元ヤンキース)が早くも不安視されている。

 2―1で西武に勝った28日の開幕戦は4打数1安打。八回2死二塁では前打者の4番ジョーンズが“敬遠”で歩かされる屈辱を味わった。

 メジャー通算150本塁打。レッドソックス時代の08年にはその年に最も活躍した打者に贈られる「ハンク・アーロン賞」を受賞した。そんな輝かしい実績を引っ提げて来日したにもかかわらず、オープン戦は打率.158と絶不調。西武バッテリーにもナメられているということだろう。

 開幕戦前日練習ではこんなことがあった。ジョーンズから打撃練習中に手取り足取りの指導を受けていたが、快音が響かない。すると、打撃ケージを出るや、バット、ヘルメット、バッティンググローブを次々に投げ捨て、怒りをあらわにした。見守った首脳陣や報道陣が呆然とするや、日刊ゲンダイ本紙がユーキリスに話を聞こうとベンチ裏に向かうと本人は無言のままロッカーへ。その様子を見ていたジョーンズが、「今は(ユーキリスに)声をかけないほうがいい」と苦笑い交じりに本紙を制するほどだった。ユーキリスがイライラしまくっている証拠である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る