日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5割復帰の原動力 日ハムリリーフ陣の不安は夏場の「酷使」

3連勝で5割復帰

 日本ハムが西武に勝って3連勝。5割復帰の立役者といえば、リリーフ陣だろう。
 15日は先発の上沢が五回、無死一、三塁のピンチを招いて降板。その後を谷元、カーター、宮西、クロッタ、増井とつないで逃げ切り、この5人がお立ち台に上がった。

 これで5月は8勝4敗と勝ち越し。中でも大きいのは新外国人のカーターだ。ここまで6試合に登板して無失点、ヒットは2本しか打たれていない。カーターを獲得したのは開幕時の守護神・武田久の穴を埋めるためらしいから、このまま状態が良ければクロッタと並んでセットアッパーに昇格する可能性もある。

 不安はリリーフ陣の酷使か。何しろ栗山監督は先発に見切りをつけるのが早い。序盤に2~3点取られると、たまらずブルペンに連絡を入れ、リリーフに準備をさせるという。一部リリーフ陣からは不満の声も上がっているらしい。

 まだ、開幕して1カ月半。これから暑い夏場を迎え、シーズンはさらに終盤へと続く。好調なリリーフ陣の体と気持ちが最後までもつか、心配にもなるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事