• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハムの「アキレス腱」をシャットアウトした大谷のプロ初完封

 日本ハムの2年目・大谷翔平(19)が13日の西武戦で、最速158キロのストレートを武器にプロ初完封。4勝目(1敗)を挙げた。

 チームはいま、深刻な捕手難。正捕手の大野はオープン戦で左足首をねんざ。開幕に間に合わせようと復帰を焦った反動か、いまもときおり痛みが出るという。常時、試合に出ていないのはそのためだ。

 2番手捕手の近藤は現在、三塁を守っているものの、本職の小谷野が右ひざを痛めて戦列を離れたことが直接の原因ではない。どうやら捕手としては、使いたくても使えない事情があるらしい。

「送球イップスですよ。二塁への送球を何度も確認、間違いないと判断しました。なので近藤がマスクをかぶっているときには、出塁のたびに走者にゴーサインが出たくらい。さすがに日ハムもマズいと思ったか、それ以降、近藤を捕手で起用しなくなりましたけどね」(パの某スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る