日ハムの「アキレス腱」をシャットアウトした大谷のプロ初完封

公開日:  更新日:

 日本ハムの2年目・大谷翔平(19)が13日の西武戦で、最速158キロのストレートを武器にプロ初完封。4勝目(1敗)を挙げた。

 チームはいま、深刻な捕手難。正捕手の大野はオープン戦で左足首をねんざ。開幕に間に合わせようと復帰を焦った反動か、いまもときおり痛みが出るという。常時、試合に出ていないのはそのためだ。

 2番手捕手の近藤は現在、三塁を守っているものの、本職の小谷野が右ひざを痛めて戦列を離れたことが直接の原因ではない。どうやら捕手としては、使いたくても使えない事情があるらしい。

「送球イップスですよ。二塁への送球を何度も確認、間違いないと判断しました。なので近藤がマスクをかぶっているときには、出塁のたびに走者にゴーサインが出たくらい。さすがに日ハムもマズいと思ったか、それ以降、近藤を捕手で起用しなくなりましたけどね」(パの某スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る