日ハムの「アキレス腱」をシャットアウトした大谷のプロ初完封

公開日: 更新日:

 日本ハムの2年目・大谷翔平(19)が13日の西武戦で、最速158キロのストレートを武器にプロ初完封。4勝目(1敗)を挙げた。

 チームはいま、深刻な捕手難。正捕手の大野はオープン戦で左足首をねんざ。開幕に間に合わせようと復帰を焦った反動か、いまもときおり痛みが出るという。常時、試合に出ていないのはそのためだ。

 2番手捕手の近藤は現在、三塁を守っているものの、本職の小谷野が右ひざを痛めて戦列を離れたことが直接の原因ではない。どうやら捕手としては、使いたくても使えない事情があるらしい。

「送球イップスですよ。二塁への送球を何度も確認、間違いないと判断しました。なので近藤がマスクをかぶっているときには、出塁のたびに走者にゴーサインが出たくらい。さすがに日ハムもマズいと思ったか、それ以降、近藤を捕手で起用しなくなりましたけどね」(パの某スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  5. 5

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  6. 6

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る