守護神剥奪され“便利屋”に 復帰した日ハム武田久の「大誤算」

公開日: 更新日:

 インフルエンザなどで登録抹消されていた日本ハムの武田久(35)が、29日の西武戦から一軍復帰。二軍落ちする前は5試合で1敗1セーブ、防御率4.15と、ストッパーとしては不甲斐ない成績だった。雪辱を果たすべく再昇格した武田を待っていたのは、まさかの抑え剥奪である。

 栗山監督は試合前、こう話していた。
「投手にとって一番難しい場面はどこか。大体、(立ち上がりの)初回か九回なんだけど、ウチはそれが五回前後とか八回とかになっている。その一番難しい場面で、久に投げてもらう。五回でも六回でも。勝つにはそれしかない。久にはちゃんと話をした」

 モノは言いようだが、要は「抑えから便利屋になってくれ」ということ。当の武田は報道陣の問いかけに「仕事だから別にいいんじゃない? どこでも」と、投げやりとも取れる口ぶりだった。

 日ハムは高給取りのベテランに厳しい球団。後継者の増井が育っていない事情があったからこそ、武田はチームトップの2億4000万円もの年俸をもらえていた。ところが、武田がインフルで休んでいる間に増井は2勝5セーブ、防御率0.66の活躍。増井に一本立ちのメドが立ったとなれば、武田の立場は厳しくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感